--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.06.15

たぶん・・・

今日、面接に行ってきました。
今までやったことのない職種、経験も資格もない(本当は必要だった)に無謀にも応募した会社。

まず、作文とメールできた質問をプリントして持参。
1時間半ほどの筆記試験。
そして面接。
久しぶりの試験に挑んだ。


面接で社長と話した。
今までの仕事や転職の際の理由、その仕事での内容や
試験での答えた内容について話した。
この試験では頭の柔らかさを知りたかったとのこと。
作文も、気に入ってもらえたようだった。

本来、私の経歴ではやれない仕事であって、
とりあえず履歴書を送ったのだが
私の履歴書を見て、会って見たいと思ったらしい。
それは、私の経歴が輝かしいものだったわけでなく
社長が、ゆくゆくこいつに後を次いで欲しいと思っていた
部下が数年前、癌で亡くなったそうだ。
その信頼していた部下が私の生まれ育った田舎の近くの出身だった。
社長は今も墓参りにその地を訪れるらしいのだが、
生前からよく行ったその地の人たちの 素朴な人柄に惹かれたらしい。
そんなこともあってか、亡くなった彼の影をちょっと私に感じたらしい。それで、面接をしてくれたようだ。
こんなことを言ったら失礼だが…といって話してくれた。
もちろん、経験やスキルは必要だが長くやってもらうには、まず人柄が大事だという考えらしい。それから、仕事を覚えていくことも可能だと思うという。

ただ 今の時期は暇らしいが(残業の欄にも月10時間と書かれていたが、暇な今は。ということだったらしい)
この仕事は忙しい時は深夜までなることも多いらしい。
社長も、私が花屋を辞めた理由がひっかかった。
好きな仕事をやめた理由は?
花屋も好きな仕事だったが、結婚を機にやめた。
私は仕事でなく、家庭の方が大事と思ったからだ。
一人の時ならいくらでも残業できる。
夫だけでも、大事な家族で
ハードな仕事と両立できる器用さは私にはなかった。

そこがネックとなった。
たぶん不採用になると思う。
社長も彼の部下と私を重ねたところを見たのか、
1時間半に面接は及んだ。


正直なところ、行く前から受かる気はしなくて
やっぱり面接行くの辞めようかな。と思ったりした。
でも、行ってよかった。
自分をよく考える機会になった。
やるならやりたい仕事を、と思ったが
やれる仕事を、その仕事の中で頑張ればいいんじゃないかと思った。
それでもいいんじゃないかと。

なので、明日からは条件や時間帯などで探していこうと思う。
若い時なら違った考えだったのかな?





スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://konahana.blog25.fc2.com/tb.php/79-70ca8192
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
長い面接お疲れ様でした。

行って良かった、って思える面接ってそうないと思います。
その社長と出会えた事が、コナハナさんの人生の中で
マイナスには決してならないと思いますよ。。。

ガンバレ~\(^ ^)/
Posted by aki at 2006.06.16 08:12 | 編集
akiさんが仰られるように、行って良かったですね。
条件や時間帯で探すと、なかなか時間が掛かると
思いますが、見つけたときには、長く勤められる
職場になると思いますよ!

会社も人を選ぶように、こっちも選ばなければ!(笑)
お見合いですもんね。要は。
Posted by せな at 2006.06.16 09:32 | 編集
面接お疲れ様でした。
とても有意義な面接だったようですね。今時、そんな暖かい感じの面接って、珍しいと思います。
お二人の人柄が表れているようですね(^^)
私も若い時は「自分のやりたい事」が一番でしたが、今はコナハナさんのように自分と家族を一番にしたいです。
家族のあり方も人それぞれ、自分を信じて行きましょう♪
Posted by こりら at 2006.06.16 15:07 | 編集
→akiさんへ

ありがとうごさいます。
そうですね、行ってよかったと思えたのは
久しぶりです。
一期一会。
自身を見直すいい機会になったと思います。
Posted by コナハナ at 2006.06.16 20:19 | 編集
→せなさんへ

そうですね。正社員だと、子供の予定は?と必ず聞かれますし、予定が絶対無いともいえないし…。
派遣か、契約社員か、となりなす。
お見合い、まさしくそうですよね。
ただ、一度や二度のデートでは失敗もありますねw
Posted by コナハナ at 2006.06.16 20:23 | 編集
→こりらさんへ

少数精鋭がモットーの会社だということでした。
対応してくださった社員の方も、電話の感じも
よかったのでアットホームな会社なのかも。
こりらさんの言葉に気が楽になりました。
ありがとうございます。
Posted by コナハナ at 2006.06.16 20:28 | 編集
受かるとか受からないとかではなくて、
きっとこの面接には必ず行く運命だったんでしょうね。
私は別に運命論を振りかざすタイプではないのですが
時々、本当にこれはそうなる運命だったんだと感じる時があります。
上手く言葉にならないのですが、
面接という場を借りた、人生の語らいみたいな感じで
そういう機会を持てたコナハナさんを、羨ましく思います。
Posted by アキ at 2006.06.16 22:31 | 編集
たしかに人柄は大事ですよね。面接とかそうゆうのもいい経験だと思います。
しかし家族を考えるとなかなか仕事に踏み込めないっての私も同じです。二人息子が小学校はいって落ち着いたら・・と考えつつ、かぎっ子みたいのにはさせたくないし。そんな言ってたらいい仕事はないんでしょうね。難しい問題です。仕事も簡単にできる甘いもんじゃないだろうし。
Posted by ひさぽん at 2006.06.16 23:05 | 編集
→アキさんへ

ありがとうございます。
そうですね、面接ではあったんですが
この会社に入りたいという強い気持ちより、
今までの自分を語ることで、見返れた時間だったのかもしれません。
社長も亡くなった部下の事を振り返った時間になったようでした。
Posted by コナハナ at 2006.06.17 17:35 | 編集
→ひさぽんさんへ

人が力という考えの会社は好きですが、
なかなか行き当たらないものですね。
ひさぽんさんのように家族、とくに子供さんが
いると、まず家族のことを考えますよね。
色んな家族や考え方もあって、その家族にあった
暮らし方が一番なんでしょうね。
ひさぽんさんは若いし(若く見えるし)大丈夫!
Posted by コナハナ at 2006.06.17 17:41 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。